風の吹くまま

管理人が気が向いたときにひっそりと更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安価SSまとめ 上条当麻は悩んでいた。3 その幻想をぶっ殺す!!編

1 48に戻る(キャラ指定)
2 終了
安価下
―――――――

48 :■■■■:2012/12/30(日) 13:16:42 ID:2ukShwJ6

上条当麻は悩んでいた。

ここ最近、気が付くとある異性のことを考えている時間が多くなっていた。

(なんだかなあ…これ)ハァ

学生鞄を肩に担ぎ、風力発電機が等間隔に並ぶ道を歩きながら、立ち止まって空を見上げる

「…これが恋ってやつなんですかねえ」ボソッ

呟いた上条が想う人物とは…?

安価下

86 :■■■■:2013/01/21(月) 22:00:28 ID:2OBicVn.
1 トール


87 :■■■■:2013/01/21(月) 22:20:25 ID:c9ouiZdg
「…トール」

ぼそっと名前を呟いて、それから上条は頭を抱えた。

(まてまてまてまてっ!?アイツは男だぞ!オトコノコだぞ!上条さんはオンナノコが好きな普通の男であって、決して同性愛者なんかじゃありませんことよーっ!?)

男にしては高い声、幼さの残る整った顔、風に靡く長い金髪、華奢な身体。

「がっ!ごっ!がああああああああああああっっ!?」

風力発電の風車の基部に額を叩きつけながら、上条は叫ぶ。

「俺は、俺は同性愛者じゃねええええええっっ!!」

割れた額から零れた血が視界を赤く染める。

「いいぜトール、お前が俺を同性愛に引き込もうとしているならば、その幻想をぶっ殺す!!」

ひときわ大きなゴオーーンという音が学園都市の一角に響き、上条当麻は意識を失った。

終わり
スポンサーサイト

テーマ:小説もどき・雑文 - ジャンル:その他

  1. 2013/01/21(月) 23:19:23|
  2. SS とある魔術の禁書目録/とある科学の超電磁砲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安価SSまとめ 上条当麻は悩んでいた。4 ミサカ一二五五五号遭遇編 | ホーム | F1 マルシャ グロックの離脱を発表>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazuyaworld.blog106.fc2.com/tb.php/1418-cb0e8cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

黒ねこ時計

くろック B03

プロフィール

神納 一哉

Author:神納 一哉
     かのう  かずや

気の向くまま書き連ねる予定(ぇ)

このブログ及びリンク先のいかなるものにおいても、無断転載、複製はお断りします。

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気Blogランキング

banner_04.gif

RSSフィード

来訪者数

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。